MENU

滋賀県(鮒ずし・近江牛県)の県名とその他の地名の由来

滋賀県

滋賀県の県名の由来は琵琶湖周辺の湿地帯を表す「スカ」が語源?
「滋賀」は古くは「しかのこおり」と呼ばれており、当時は志加、志何、志我、志賀などと書かれることもありました。天智天皇の時代、南滋賀に大津宮が設けられ、一時期は政治の中心地として大いに栄えていたそうです。

 

県名の由来については砂州や低湿地を意味する言葉の「スカ」、石の多いところを意味する言葉の「シカ」など、琵琶湖周辺の地形の特徴からついた地名ではないかとも言われていますが、今現在も仮説の域を出ていないようです。

 

甲賀

甲賀の地名の由来は決選投票で決着した読み方で正式な発音は「こうか」と言います。

 

三重県にある伊賀と並んで滋賀県の甲賀といえば、誰もが知る忍びの里です。しかし、驚くなかれ。甲賀の本来の読み方は「こうが」ではなく「こうか」なのです。

 

甲賀の語源は「鹿深(かふか)」にあると言われています。鹿がいた、鹿深という名の渡来人が住み着いたなどと伝えられていますが、「かふか」がいつの間にか「こうか」に変化してそれを「甲賀」と記すようになったのはどうやら間違いないようです。

 

忍術の流派を「こうが」と呼ぶのは間違いではありません。濁音の入る方がなじみ深いため、甲賀市誕生の際は「こうか」と読むか「こうが」と読むかで決選投票をしたほどですが、最終的にはは「こうか」に落ち着きました。

 

小田

本来は「梁田」のはずがネズミにかじられて命名?
山に囲まれている滋賀県山東町に、「小田」と書いて「やないだ」と読む地名があります。どうして「小」を普通では読みにくい「やない」と読むようになったのでしょうか。

 

もともとは「やないだ」は漢字で「梁田」と書いていたそうですが、一説によると、「梁」という字の上の部分を、ネズミがかじってしまったのだとか。その下にある「木」という字の横棒までネズミが平らげたため、残ったのは「小」の文字。そこで、残った部分だけで「やないだ」と読ませるようになったそうです。

 

日本だけではなく世界広しといえども、ネズミがかじり残した字を地名にしたのは、この滋賀県にある「小田(やないだ)」ぐらいしかないのではないでしょうか。